プライバシーはプロ生ちゃんが護る!

この記事は、プロ生ちゃん Advent Calendar 2015 の13日目の記事です。

www.adventar.org

プライバシーの護り方

プロ生のサイトで以前、Microsoft の Project Oxford Face API が紹介されていましたね。

pronama.azurewebsites.net

この顔認識の機能を使って、人物の写っている写真に、プロ生ちゃんの顔(ステッカーとは微妙に変えてます)を重ねて、人物のプライバシーを護ってあげましょう。これで、公安9課も捜査に手こずるはずです。

使用するプロ生ちゃん画像

f:id:takemaruhirai:20151213200928p:plain

使用方法

http://api.felis-catus.net/pronama/face_api/?url=(プライバシーを護りたい画像)

※ あまりサイズが大きすぎたり、小さすぎたりすると、顔認識に失敗するようです。人数にも制限がある模様。

実際にやってみた例

今回、サンプルとして、このようなプライベートな家族写真を使用しました。これはいけません。顔がバレては困りますね。

https://www.whitehouse.gov/sites/default/files/image/12152011-family-portrait-high-res.jpg

https://www.whitehouse.gov/sites/default/files/image/12152011-family-portrait-high-res.jpg

そこで、下記のアドレスの url= の後に、画像のURLを補完し、ブラウザのアドレス欄に入れてみましょう。

http://api.felis-catus.net/pronama/face_api/?url=https://www.whitehouse.gov/sites/default/files/image/12152011-family-portrait-high-res.jpg

結果は、以下のようになりました。これで安心ですね!

f:id:takemaruhirai:20151213211828j:plain

追記

ほんとは動画GIFにして、くるくる回したいのです〜。それはいずれまた・・・

f:id:takemaruhirai:20151213203153g:plain

追記2

Guyモードを追加しました。クエリ文字列に mask=guy を追加すると・・・これはっ!?

f:id:takemaruhirai:20151213220031j:plain

(政治的に問題のない範囲で遊んでください)

広告を非表示にする